2023年04月25日

【2023最新】Mac OS Big Surの起動USBを作成

Hackintoshインストール Mac OS Big Surの起動USBを作成

今回は目次の3を進めます

1. VMwareでMac OS High Sierraをインストール


2. Mac OS Big Surにアップデート


前回記事で紹介しています

3. Mac OS Big Surの起動USBを作成


3-1. Big Surのダウンロード


posted by koba at 13:50| Comment(1) | Hackintosh | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年04月19日

【2023最新】VMwareでMac OS Big surをインストール

Hackintoshインストール VMwareの仮想環境上で設定する@

今回は目次の1と2を進めます

1. VMwareでMac OS High Sierraをインストール

1-1. VMware Workstation Playerのインストール

からVMware Workstation 17 Playerをインストールします。(2023/04/19現在)
インストールが完了したら起動せずに次に進みます。

s-001.png


1-2. Unlockerの適用

Unlockerを適用することでVMware PlayerがMac OSをインストールできるようになります。
から最新のUnlockerをダウンロードします。(Unlocker 4.2.6 2023/04/19現在)
s-002.png

展開して、「windows」フォルダにある「unlock.exe」を管理者で実行します。
これでMac OSをインストールする準備は完了です。

1-3. Mac OS X High Sierraのダウンロード

ここからISOファイルをダウンロードします。
7.14GBあります。

リンク切れやダウンロードできない場合はコメントしてください。

1-4. インストール


「新規仮想マシンの作成」をクリックします

s-003.png

「インストーラ ディスク イメージ ファイル」に1-3でダウンロードしたisoファイルを指定します。
「次へ」をクリックします。

s-004.png

ゲストOSとして「Apple Mac  OS X」を選択します。
バージョンとして「macOS 10.12」を選択します。
「次へ」をクリックします。

s-005.png

仮想マシン名に「macOS 11.0」(好きな名前)を入力します。
「次へ」をクリックします。

s-006.png

ディスクサイズを指定します。今回は120GBにしました。
仮想ディスクですが、今回は他のコンピュータに移行する予定はないので「単一のファイルとして格納」を選びました。

s-007.png

「ハードウェアをカスタマイズ」をクリックします。

s-008.png

メモリを8GB、プロセッサを4コア、USBコントローラのUSB互換性をUSB 2.0に変更しました。

s-009.png

こんな感じになりました。

s-010.png

一旦終了してさらに設定します。

s-011.png

「C:\Users\{ユーザー名}\Documents\Virtual Machines\macOS 10.12\」
に移動します。
この中のmacOS 10.12.vmxをメモ帳で開きます。

smc.version = "0"
keyboard.vusb.enable = "TRUE"
keyboard.vusb.idVendor = "0x0000"
keyboard.vusb.idProduct = "0x0000"

を下に追加します。(JISキーボード有効化のため)

そして

usb.restrictions.defaultAllow = "TRUE"

にします。(USBメモリを有効化するため)

そうしたら、準備は完了です。


VMwareを起動して「仮想マシンの再生」をクリックします。

s-012.png

起動します。(結構長いです)

s-013.png

言語を選択します。

s-014.png

「続ける」をクリックします。

s-015.png

「続ける」をクリックして、「同意する」をクリックします。

s-016.png

上の「ディスクユーティリティ」をクリックします。

s-017.png

「VMware Virtual SATAHard Drive Media」を選択して、「消去」をクリックします。

s-018.png

名前を「appledisk」、フォーマットは「Mac OS Extended(Journaled)」、方式は「GUIDパーティションマップ」を選択して、「続ける」をクリックします。

s-019.png

applediskが作成されました。

s-020.png

ディスクユーティリティを終了します。

s-021.png

「appledisk」を選択して、「続ける」をクリックします。

s-022.png

インストール中です。20分くらいかかります。

s-023.png

インストールされました。

s-024.png

Mac OS Big Surにアップデート

にアクセスして、Apple Storeで表示をクリックします。

ダウンロードをクリックします。
s-025.png

インストール画面が出るので「続ける」をクリックします。

s-026.png

Sierraインストールと同じように行うことでBig Surもインストールできます。

s-027.png

以上でインストールは終わりです。
次の起動USBの作成に続きます。
posted by koba at 14:58| Comment(0) | Hackintosh | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

VMwareのvdmkファイルを分割する方法

VMwareのvdmkファイルを分割する方法


VMwareの仮想マシンを単一のファイルに格納で作成しました。
しかし、USBにファイルを移動する際にfat32で4GB以上のファイルが移せないに引っかかってしまって…
この機会にvmdkファイルを分割しようと思いました。



から「-vdiskmanager-windows-7.0.1.exe2.zip」をダウンロードします。

ここにあります
vmware-03.png

ダウンロードしたら、exeファイルを「vmware-vdiskmanager.exe」に名前の変更をします。


そうしたら、"C:\Program Files (x86)\VMware\VMware Player\OVFTool" から「libeay32.dll」と「ssleay32.dll」を解凍したフォルダにコピーします。
vmware-02.png

そして、"C:\User\{ユーザー名}\Documents\Virtual Machines\{仮想マシン名}\{仮想マシン名}.vdmk"を適当なほかの名前にします。

コマンドプロンプト(ターミナル)を開いて、
「vmware-vdiskmanager.exe -r 変換前.vdmk -t 1 変換後.vdmk」
を入力してエンターを押します。
vmware-01.png

Convert: 100% done
Virtual disk conversion successful.

とでたら変換完了です!
posted by koba at 09:10| Comment(0) | Hackintosh | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする